Subscribe to
Posts
Comments

01rifure-0

体の外から内臓を元気に!

体表には「反射区」と呼ばれる内臓器官と神経系を通じて反応する区分があります。反射区の各区分は特定の内臓器官と対応しており、この部分に外から刺激を与えることによって内臓器官を刺激することが可能です。また内臓器官の不調もこの反射区に現れます。この反射区というのは人体の至るところにありますが、特に足の裏にある反射区への刺激は大変、重要とされています。その理由については別の回でお話しするとして、足の裏には両足で70を超える反射区があり、この全反射区へ刺激をしていくのが「リフレクソロジー(反射区療法)」です。両手の平全体を密着させて施術する通常のボディーマッサージとは違い、足指や足裏の小さな反射区やその線に刺激を与えるために、リフレクソロジストは指先や指の関節を使ってその独特な’指歩行’と呼ばれる尺取虫ような動きを使って施術を行ないます。効果的な刺激を与えるために、全反射区に常に一定の刺激量でリズミカルな動きが要求される50分程を要する施術です。施術後は足の裏だけでなく、身体の中からポカポカ温まり、施術を受けられる方の多くが、あっという間に寝入ってしまう、最高のリラクゼーションマッサージでもあります。
ご興味のある方は是非、アロマテラピー&ナチュラルセラピースクール香りの学校LIVEの「リフレクソロジーコース」をお問合せ下さい。

アロマテラピー アロマセラピー スクール 香りの学校LIVEはこちら

Comments are closed.